Topics お知らせ





Hayakawa




かまえの味噌



海鳴り亭では、2種類の味噌汁のサービスを提供しています。このうちひとつには蒲江沖にある深島で作られる深島みそを使用しています。一般的な味噌は大豆が多く入っているのに対して、深島みそは麦が原料のほとんどを占めていて、色が白いのが特徴的です。先日、深島に渡り、いつも商品をおいていただいている安部達也さんを訪問し深島みその製造工程を取材してまいりました。
かまどを使用し麦を蒸し、その麦に麹菌を付けて寝かせ、麦麹を作ります。麦麹が出来たら、蒸した米と大豆、そして塩を入れ手で混ぜ合わせます。混ぜ合わせた味噌は約3ヶ月間寝かせられ。発酵が進み味が落ち着いたところでみなさんの手に届けられます。全行程は手作業で行われて、「手の感覚を大切にしてきた」という島の伝統が受け継がれてきています。
取材を通して、深島みそに詰まった島の暖かさを感じました。現代はなかなか見ることが少なくなった薪をくべて火をおこすかまど、手で回すミンチ機、原料を手で混ぜ合わせる工程一つひとつに島の方々の暖かさがありました。もちろん直売所でも販売していますので、是非ご賞味ください。

深島味噌

かまえの味噌 2020.04.03




Hayakawa




海鳴り亭リニューアルオープン!



海鳴り亭、本日リニューアルオープンです。工事期間中はご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございました。 
海鳴り亭は2005年の道の駅オープン以来、最大44名でご利用いただけるレストランとして運営してまいりました。今回のリニューアルで最大56名までご利用いただけるよう拡張いたしました。また、心地よい風にあたりながら食事を楽しんでいただけるテラス席も設置いたしました。テラス席では、ペットずれのお客様でもご利用いただけます。新たしい空間でみなさまのお越しをお待ちしております。

海鳴り亭リニューアルオープン! 2020.03.20




Hayakawa




レストラン改装工事のお知らせ



道の駅かまえ、レストランリニューアル改装工事のため、下記の日程で休業しております。

3月10日(火)〜3月19日(木)

なお、直売所は通常営業いたします。レストランは3月20日より通常営業となります。新たしい空間でみなさまのお越しをお待ちしております。生まれ変わったBuriLaboレストランをご期待ください。

レストラン改装工事のお知らせ 2020.03.13




Hayakawa




「ブリキーホルダー」新発売



道の駅かまえBuriLaboratoryで発売しているお土産に新しく「ブリキーホルダー」が加わります。BuriLaboオリジナル商品、直売所にて1個580円(税込)で販売をしています。これからも新商品を追加してゆきますので、お楽しみにしていてください。

「ブリキーホルダー」新発売 2020.03.06




Hayakawa




道の駅かまえSDGsの取り組み



みなさん、SDGsはご存知でしょうか?SDGs(エスディージーズ)とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月に国連で開かれたサミットで決められた、2030年までに達成すべき国際社会共通の17の目標です。現在では社会的責任を果たすべく、多くの企業もこの取り組みを行っています。
道の駅かまえでは、14番のゴール「海の豊かさを守ろう」もひとつのゴールに、ビニールの袋を少しずつでも無くしていく取り組みを行っています。人間の活動から出るプラスチック製品は、世界で年間1,000万ント前後が海に流入しているといわれています。世界の海に漂う量は今後も増え続け、2050年までに重量換算で魚の量を超すとの予測もあり、国際的な対策を求める声が高まっています。
道の駅かまえテイクアウトコーナーでは、ビニール袋の利用をやめ、再生可能で環境に優しい紙袋の導入を行いました。蒲江の海を守るために、少しずつですが取り組んできます。紙袋は直売所でも、ご利用いただけますので、お気軽にお声がけください。

道の駅かまえSDGsの取り組み 2020.02.21

Top | 1 | 2 | 3 | 4 | > | End

© Kamae Road Side Station / Assosiation for Kamae Revitalization, all rights reserved. | 個人情報保護方針|