道の駅かまえ:実現する社会


ソーシャルイノベーション


道の駅かまえは2005年8月に駅が開かれてから、多くの方々に愛されてきました。これまでに培った技術やノウハウを基に、新たなニーズに対応すべく改築を準備しています。現在、この改築に合わせて、お力添えをいただける方を探訪しています。新鮮な商品や地元の特産品の提供、伝統的な焼き物を器として、プロボノとしてデザインを、地域の料理教室など、携わっていただく形式は様々ですが、基本的な考えをここに記させていただきますので、今後、かまえの地域活性に向けて、協働させていただければと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。


新店長・早川光樹(2019年4月1日就任)
「父の実家は佐伯市で小さい頃はよくマリンカルチャーセンターに遊びに来ていました」


 © Kamae Road Side Station / Assosiation for Kamae Revitalization, all rights reserved. | 個人情報保護方針 |